忍者ブログ
飛田給コンサート、出前出張演奏、音楽雑記などライブの実績足跡ページです。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
コンセプト
当ハーモニクスがお届けする「だったら飛田給コンサート」。
インパクトのある町?だったら飛田給。人情のある町?だったら 飛田給。伝統文化が残っている町?だったら飛田給。
日本全国サッカーファン以外の人が読めない町名?だったら飛田給。いずれ有名になる町?だったら飛田給。経済文化発信基地になれそうな町?だったら飛田給。いくらでもかかって来いと笑いながら遊んでいたい町、飛田給。
その一環として団塊世代のメンバー達がコンサートを2008年11月27日(第4木曜日)にやります。
「音楽だったら?飛田給」が定着するかどうか楽しみです。是非 応援してください。

場所・参加費
●「調布市青少年交流館」042-481-1115
京王線飛田給下車5分 旧甲州街道 桐屋酒店斜め裏 
●参加費(活動費に使います)500円

プログラム7:00~9:00
①フルートと歌のコラボレーション:浜辺の歌、真白き富士の根、千の風になって他
②パフォーマンスとフルート:千の風になって、オペラ魔笛より
③休憩にて茶話会(お茶をお楽しみください)
④フルートによる無伴奏ソロなど

プロフィール
●パフォーマンス:小岩陵右子(こいわりょうこ)/レ・ミランドリーヌ(ダンス、歌、クラフトなどマルチカルチャーサークル)主宰。マルチクリエーター。
モダンバレーの振付家高橋彪・バレー教師矢浦昭子に師事。岩手から上京した後、イラストレーターとして、他舞台美術の仕事をしながらマルチクリエーターとして活動。しばらく病気にて活動停止していたが、再び復活、現在に至る。飛田給在住。写真は小岩女史。

●フルート:エドワード佐野/「室内楽ハーモニクス」主宰。調布フィルハーモニー管弦楽団設立、活動。引退後「室内楽ハーモニクス」を結成し、現在老人ホーム慰問、小学校の音楽教室、企業への出張演奏など、様々なジャンルでの演奏活動を行っている。フルートをマルチフルーティスト鳴上亜希子・桐朋音大元講師星川龍二各氏に師事。「・・・だったら飛田給」と題して毎月1回の実験ライブを展開。旧甲州街道際飛田給にて文学・音楽・美術を中心とした何でも屋「アートオフィス佐野(文具店;佐野商会)」を自営。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/15 edward]
[03/11 hara]
[12/27 edward]
[12/27 hara]
[09/27 edward]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
edward
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ライブの足跡 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]